復活!「PANIC IN JACK」~あの日に帰りたい~

c0049708_21455515.jpg復活!「PANIC IN JACK」

~あの日に帰りたい~

日時◆2012年3月20日(火) open 16:00 start 16:30
場所◆アピスホール(旭川市4条8丁目アピスビル4階)

『HI JACK』20周年特別企画ライブイベント!
PANIC IN JACKというライブイベントは行ったことがない(多分・・汗)のだが、定期的に行われていた伝説的ライブだそう☆


私自身は10代の頃に行っていたライブハウスのひとつでもあるハイジャック、アルバムにも写真がある思い出。
その時代は同年代のライブが盛んでコピーバンドも。ロカビリーにロック、、、、
ハイジャックのほか、演舞館(えんぶかん)?というライブハウスもあったのだが覚えている方いるだろうか???
そのお話はおいておいて・・・

今回20周年記念ということで場所はアピスホール、会場は広くて開放的!ステージの照明も抜群にきれい!
長丁場ライブということで椅子が用意され、喫煙する方の場所もあったり。




写真や感想はミニレポをクリック☆




いつもPANIC IN JACKへ足をはこんでいた方も、私のような新参者(またHI JACKへ行くようになったのもここ最近のこと)
にも楽しめたあっという間の数時間☆写真とともに少しだけご紹介を。
ラフ→チケットのおふたりは来られなくなり残念!

司会もいらっしゃるという豪華ライブ、毎回司会をつとめていたという方もリラックスモードで楽しそう!


c0049708_21491772.jpgc0049708_21495186.jpg


ROZZY、昭和グレイテスト、CHIHANE、SEVENTH GATE、のはら☆ひろしさん、横ちゃん武ちゃん、オダッツ、ヒロオ2世&ザ・スペシャルアワーズという豪華なメンバー!!!

ブログでもおなじみCHIHANEのおふたりはボーカル&ギターの実力派ユニット、今回はなんとバンドで登場!
ギターにHI JACKのオーナー武田さん、ドラムによっけさん(なんとステージでドラムを演奏するのは4年ぶりだとか!)
を加えた4人編成!
新曲も披露し、初めて聴いたであろうオーディエンスの心をわしづかみに。

横ちゃん武ちゃんの武ちゃんとはオーナーの武田さんだ。おふたりともMCのかけあいがおもしろく会場から笑いが絶えなかった(笑)
今回、聴けそうで聴けなかったオダッツのライブも聴くことができた!ベースの指さばきにかなり見とれた、かっこいい☆次のライブも聴きたくなった。


c0049708_21505181.jpgc0049708_2151927.jpg


トリは、ヒロオ2世&ザ・スペシャルアワーズ(以下ヒロスペ)
司会のおふたり、準備中のヒロスペを見ては「変わってないですねぇ~♪」と嬉しそう♪

今スペシャルアワーズのメンバー、YOKOさんは以前マネージャーだったこと、ゲストプレーヤー(元ヒロスペ)アカシさんが観客だったこと・・・
スペシャルアワーズの名づけ親が武田さんということなどなど色々なことを教えてくれたり。

そんな話しが進むなかスタート!


c0049708_2152117.jpgc0049708_21523131.jpg


マネージャーが椅子をどんどん寄せて席を作りみんな前へ!座席とステージの距離がもどかしいくらいのライブ!
(立ちたい!笑)
ゲストプレーヤーにアカシさん(ギター)、よっけさん(コンガ)をむかえてのステージ、「世界のユウウツ」などバラードから、「旅路」など手拍子ナンバーも。

メンバー紹介やPANIC IN JACKの思い出をはさみつつ、、、、気が付くとラスト曲に。

な、なんと今回出演アーティスト全員をステージに呼び、みんなみ~~~~んなで「イマ」!!!
お仕事の都合などでもう会場をあとにした方もいたけれど、ステージは大迫力の大人数!


c0049708_2154390.jpg



ステージに立つ方々が、ものすごく楽しそうに生き生きとしていて、こちらまで笑顔になる☆
アーティストの思いや感情が伝わってきて皆が熱くなる、フィナーレ・・・
気のせいかヒロオ2世の瞳が少し光っていたような・・・

ステージと広いひろい会場が一体感に包まれ、オーディエンスも最高のテンションになった時間だった、しばし余韻がさめなかった。

元気をたくさんもらえた20周年記念ライブ、気が付けば夜の10時をまわっていたが本当にあっという間にすぎた時間。


音楽は不滅だ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!


HI JACK 武田様、20周年心からおめでとうございます!思い出のライブハウスがずっとずっと続いているのはものすごく嬉しく感謝です!
場所や形態が変わってもいつまでも続けてほしい、そんな思いでいっぱいです。
[PR]

by tomoharusion | 2012-03-21 22:05 | ライブ